腸内環境と遺伝は深い深い関係がある

腸内環境を改善したいと考えている人は非常に多いといわれています。
しかし、腸内環境を改善したいけれど、なかなか乱れがちである、と言う方も少なくありません。

また、腸内環境と言うのは、実は遺伝する、と言う結果が出ています。
たとえば、お母さんのおなかの中にいるときに、腸内に居た菌がそのまま赤ちゃんに移行することが多く、同じビフィズス菌が腸内から発見されることも多いそうです。

こうしたことから、腸内環境と言うのは、母親から子供にある程度遺伝するということが発覚しています。
もちろん、その後の食生活などで、改善していくことは可能となっていますし、変化していったりもします。

たとえば、アレルギー体質などが、遺伝するということはよく医学的にも言われていることですが、こうした遺伝なども、腸内環境などが原因ではないか、といわれています。

ですので、妊娠前から、こうした腸内環境の改善などは心がけていくということが非常に大切です。

腸内環境というものは、母親の腸内に居たときから、遺伝するといわれています。ですので、腸内環境がそのまま遺伝してしまう場合がありますので、腸内環境には気を付けなければなりません。

しかし、こうした腸内環境と言うのは、その後の食生活でも大きく変化していきます。
たとえ、遺伝的に腸内の環境が良かったとしても、食生活が乱れがちであれば、悪玉菌が増え、腸内環境は乱れて行ってしまうのです。

また、逆もしかりで、その後の食生活で、腸内環境に気を付けた食生活をしていれば、善玉菌が増え、腸内環境は改善されていきます。

ですので、腸内環境をよくしたい、と考えるのであれば、まずは食生活などに気を付ける必要があります。

毎日続けられる範囲で、腸に良いものを摂取していくことや、バランスのとれた食事をとるということが非常に大切なのです。
また、乳酸菌飲料などを摂るようにすると、腸内環境は、大きく変わっていくといわれていますので、おすすめです。

たとえば、アレルギーなどで悩んでいるという方も多いと思いますしかし、こうしたアレルギーですが、まずは体質的に、遺伝していることが多いです。

そしてこうしたアレルギーなどは、腸内環境によるものであるといわれています。腸内環境が乱れている場合、こうしたアレルギーなどが発生するのではないか、とされており、アレルギー体質はとても遺伝しやすいため、優性遺伝ではないか、と言われています。

優性遺伝とは、どういったものなのか、というと、まずは遺伝子が対立している中で、働きなどが強くなっていて、そして実際に発生しやすい方の遺伝子であるといえます。

これを簡単に言いますと、遺伝しやすい特徴であるといえます。
こうしたことから、腸内環境や、またアレルギーなどは遺伝しやすく、常に腸内環境の乱れには気を付けていく必要があるといえるでしょう。

腸内環境は食生活により、ある程度変化させていくことができますので、腸内環境の改善を心がけることが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です