善悪は腸内にも?腸内環境をつくる2つの菌とは

人間の体内にある腸の中には、多くの種類の細菌が存在しています。その中の細菌は、大きく分けて、善玉菌と悪玉菌の二つに区分けされます。

善玉菌とは、腸の中を酸性の状態にする細菌のことですが、酸性というのは、良くない状態ではないかと思う人もいるかもしれません。しかし、腸の中が酸性になることは、外から入り込もうとする有害物質を防いだり、病原菌から病気に感染することなどを防止するために、とても重要なことなのです。

他にも、下痢になることを防ぎ、腸内環境を整える働きもあります。善玉菌がもたらす酸性の効果は、腸内の免疫力を高めて、腸の状態を良くするために重要なものです。

善玉菌の中には、特別な働きをして、体を助けてくれるものもあります。その働きとは、発がん物質に作用して、発がん物質を分解することです。善玉菌が腸内で活動していることで、私達は病気になることを防いだり、下痢を頻繁に引き起こすことにならないで、生活することが出来るのです。

善玉菌の他に、悪玉菌という種類のものがあります。名前からしても、悪い影響がありそうな悪玉菌ですが、その働きにより腸内の環境を悪化させてしまいます。悪玉菌は、増えすぎてしまうと肌荒れなどを引き起こしたり、体の免疫力を低下させてしまう厄介な細菌です。

どのような生活で悪玉菌が増えるのかというと、日常生活で過度にストレスが掛かっていたり、便秘になってしまって、それが長期間続いてしまう場合などです。悪玉菌の過剰な増加は、腸内の善玉菌を減らして、有害物質などを多くしてしまいます。その有害物質などが、腸から吸収されてしまい、それが血流に乗って体内に巡ってしまうため、体への負荷がかかります。

悪いことの多い悪玉菌ですが、仮に腸内に一つもなくなってしまうと、善玉菌がまともに活動しなくなるので、ある程度は体に必要なものです。悪玉菌と善玉菌では、ちょっと善玉菌の数が多いくらいのバランスが、腸内にとって良いことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です